INTERVIEW

事務 春日さん

春日さんは現在、子育てと両立してお仕事をされています。
岡田さんと同様に、育児のために退職された後、長谷川シャッターでお仕事を再開されました。



——春日さんは、どのようなお仕事をなさっていますか?
春日さん:営業事務(パート)です。主に営業のサポートとして事務作業を行っています。

——お仕事のやりがいや、苦労する点について教えてください。
春日さん:見積もりや発注など、工事日までの業務を手際よく行うことで無事に工事日を迎えられ、工事完了後にお客さんから感謝の言葉をもらったときにやりがいを感じます。
 大変なことは、職歴が浅く、知識が不足していることでお客さんに迷惑をかけてしまうことがあることです。

——入社した経緯についてお伺いします。
春日さん:子育てのため働くことから離れていたのですが、社会とのつながりがなく、再び世の中の役に立ちたいと思い再就職を考えるようになりました。その時にチラシで長谷川シャッターを知り、面接で社長や会社の雰囲気に惹かれ入社を決めました。

——入社後、ご自身にあった変化と、とくに大きく影響を与えた「ターニングポイント」といえるエピソードについてお聞かせください。
春日さん:最初は自分の仕事をすることで精一杯でしたが、会社での研修を通して会社の方向性等を勉強し、どうすれば会社、ひいては世の中の役に立つことが出来るかを考えるようになってきました。
 入社二年目に、経理事務から営業事務に異動となったことでお客様と接する機会が多くなったのは、自分に大きく影響を与えたことです。

——ここで働くことで得られるものは何だと思いますか?
春日さん:建設関係の専門知識はもちろん、数多くのお客様からさまざまな要望があるので、コミュニケーション能力と臨機応変に動く能力が得られると思います。また、営業のサポートを通して事務職のキャリアが形成できます。

——続いて、会社についてお聞きします。会社の強みは何だと思いますか?
春日さん:地域に密着した会社であり、シャッター修理などの即日対応が可能な機動力が強みです。

——社内の雰囲気について教えて下さい。
春日さん:社内は常に明るく活気があります。社長が社員一人ひとりを信頼してくれており、上司や先輩は部下をよく見てくれているので分からないことを相談しやすく、先輩方も率先して教えて下さります。
 また、社内の全体業務が「業務フローチャート」や「作業手順書」で見える化されているので、子どもが熱を出した時などに周りに仕事を任せて休むことがしやすいです。女性従業員は10人ほどいますが、皆それぞれのライフステージにあった働き方が出来ており、私生活を優先することに対する理解があると感じています。

——最後に、新卒の皆さんに向けてメッセージをお願いします!
春日さん:夢がある人は最終ゴールが設定しやすいと思いますが、中には、自分がなにをしたいのかが分からないという人もいると思います。そんな人にはとにかくいろんな会社を見てほしいです。そして、本当の自分を受け入れてくれる会社を見つけてください。どうせ働くなら自分と会社のお互いが気持ちよく働けるところ、等身大の自分を受け入れてくれるところが良いと思います。
 そんな中で「長谷川シャッター工業株式会社」を知っていただけたなら、ぜひ一緒に働きたいです!


〈春日さんのお仕事の流れ(例)〉
始業準備→メールのチェック→積算・見積書の作成→注文書・注文請書の処理→発注業務→
納期の連絡→工事書類の準備→工事後の事務処理→ご無沙汰ハガキの記入・郵送→終業準備

PAGE TOP